Skip to content

契約書は大事な証拠

b5ce9e13feb240bebdcbecfffe7e0211_m
契約を交わす場合には、契約書の確認が必要です。この契約書は、通常は不動産業者が用意したものをそのまま使用するこ
とがほとんです。しかし、内容をよく確認しないで契約すると、後で話が違うということにもなりかねません。

『チェックポイント』

●契約書は事前に時間をかけてよく読む。

●契約書以外の書類にも注意する。

●契約書への署名捺印は慎重に。

『Q契約書は時間をかけてチェック?』

契約書には重要事項説明書とほとんど同じ項目が記載されています。この両者に違いがないかをまずはチェック!また、重要事項説明を受けた際に、口頭で説明を受けた事項や交渉して変更した事項に関しては、必ず契約書に記載しておくようにしましょう。思わぬトラブルのもととなってしまいますから……。

『Q契約書以外の書類にも注意が必要?』

マンションの売買契約時には、たくさんの書類を渡されます。契約書のほかにも仮契約書、覚書、申込書などなど……。「契約書」じゃないからといってこれらの書類にむやみに押印するのは要注意!知らないうちに別の契約が成立してた、なんてこともあるのです。

『Q契約解除についての確認も忘れずに?』

一度、契約を締結したら守らなければなりません。後でもっといい物件が見つかったからといって、「や一めた」と契約を解除すると損害賠償を請求されることもありますから注意が必要です。

【契約をやめたいときは?】

いったん契約を締結した後で、契約した物件よりも安くてよい物件が見つかることがあります。また、予定していたローンが組めないという場合もあるでしょう。通常は一定の場合を除き、買い主の一方的な都合で解約することは認められません。

『チェックポイント』

●原則として契約は守らなければならない。

●手付金の性質を知っておく。

●契約を解除できる場合もある。

『Q契約は守らなければなりませんが…?』

「このマンション、私たちの契約したマンションより部屋が広いし、しかも値段も安い!!契約したマンション解約しちゃおうかな…」こんなとき契約を自由に解約(解除)できるでしょうか?結論から言うと、残念ながらできません。いったん契約をした以上は守らなければならないのです。しかし、どんなときでも解約(解除)できないわけではありません。

『Q手付を打っていれば?』

たとえば、あなたが3000万円のマンションを購入するときに100万円の手付金を払ったとします。でも、あとから、もっと好条件の物件が出てきてそちらを買いたい!つていう場合。あなたは契約を解除できますが、手付として払った100万円は残念ながら返してもらえません。これが、手付の意味です。でも、マンションの売り主が、「買い手が決まったからさっそく買い主さんの希望通りにリフォーム開始!」と、契約を信頼して行動をスタートしている場合には、もはや、解除できないのです。

『Qローンが組めなかったら?』

解除特約とは、たとえば、買い主のローン契約が成立しなかった場合や、買換えをするときに前の家が思ったほど高く売れなかった場合などは特別に解除できますよ、という約束です。あなたの契約書の解除特約に「ローン契約が成立しなかった場合」と書いてあれば、解除することができます。

弊社で扱っている断熱塗料「ガイナ」は、遠赤外線や超硬度など性能に特化した特殊セラミックとアクリルシリコン樹脂をひとつにし、高い断熱効果を発揮する塗料です。JAXAの打ち上げロケットや人口衛星にも利用されるほど、機能性が認められているんです。ガイナには15の機能が働き、耐久性に優れ、防水や断熱など様々な効果がありますので、家の外壁に使用すると、よりよい環境を作り出すことが出来ます。ぜひ、機能性に優れた断熱塗料ガイナを使用しませんか?こちらのウェブサイトではガイナについての詳細を掲載しております。実際の例やカラーシュミレーションなど、事前にチェックすることが出来ますので、お気軽にアクセスしてみてください。住みやすい快適なお住まいを手に入れましょう!

魅力いっぱいの奈良県の物件情報は、当社へ!見晴らし良いマンションやセキュリティ重視の安心のマンションなど豊富に取り扱っていますので、気軽に立ち寄り下さいね。当社ウェブサイトでは、奈良市内のマンション情報を検索しやすいようにエリア検索や沿線検索なども可能になっております。他にもウェブサイトで調べやすいように様々なカテゴリに分けて掲載しておりますので、気になったマンション情報を直ぐにご覧いただけます。最新情報lも続々更新中なので、ぜひ1度コチラのウェブサイトまでアクセスして下さい!

Comments are closed.